おまとめとして使いたい

銀行カードローンは低金利T、高額融資なので「おまとめ」として利用される事もあります。
三井住友銀行カードローンも例外ではなく、「おまとめ」としての利用に優れています。

 

おまとめローンとは

「おまとめローン」とは、多重債務になってしまった利用者に発生する高額金利を軽減するための商品の事で、大手消費者金融には「おまとめローン」として商品が用意されています。

 

消費者金融は総量規制では年収の3分の1以内となりますが、総量規制の例外として「顧客に一方的有利となる借換え」という項目があり、有利になる借り換えの場合は、年収の3分の1を越えた部分について、返済が出来ると判断した場合は融資をしても良いという事から作られたのが「おまとめローン」です。

 

具体的には、複数社の借入を三井住友銀行カードローン1社に借り換えて、他社からの借入を一本にまとめる事を指します。

 

借り換える事のメリット

おまとめローンに利用する事で、複数日あった返済日を1日にまとめる事で、常に返済日を気にしていなければならない煩わしさから解放されます。

 

複数社の借入を1本にまとめる事は、融資金額が大きくなるため、それぞれを上限金利で借りていた利息が、低金利のカードローンに借り換える事で総返済額を少なくすることが出来るというメリットもあります。

 

 

 

たとえば消費者金融3社から100万円を借りているとすると、その金利はそれぞれ18,o%で借りていることになります。これを三井住友銀行カードローンでおまとめした場合、金利が12%に抑える事が出来ます。

 

利息換算した場合、年間180,000円(100万円×18%)発生していた利息がおまとめローンを利用する事で120,000円(100万円×12%)まで減らせる事になります。

 


 

おまとめは今の利息より下げて借りる事がポイント

お気づきの方もいるかもしれませんが「おまとめローン」は借り換え先の金利が低くなければ意味がありません。金利が安くならないどころか、場合によっては利息が高くなってしまうこともあります。

 

まとめ先の金利などをよく調べ、「返済シミュレーション」なども利用して、借り換えた場合どれだけ返済額が少なくなるかの検討をする事が重要です。