キャッシングの申込は消費者金融や信販会社以外にも銀行でカードローンの申込が出来ます。

 

銀行カードローンは大手銀行から地方銀行、信用金庫に至るまで、積極的にカードローンに参入し、顧客獲得に努力を重ねています。

 

 

 

最近よく見かけるテレビコマーシャルに、三井住友銀行カードローンがあります。

三井住友銀行カードローンとなると、意外に知らないという人が多いように思えますが、それもそのはず三井住友銀行のカードローンは消費者金融や他の銀行系カードローンと比べてメディア露出がだいぶ控えめの傾向にあったからです。


 

それは三井住友銀行が貸金業務に積極的ではないという事ではなく、カードローン商品として自信があるからで、そのスペックみれば解ります。 カードローンの利用を考えている方は、三井住友銀行カードローンを選択肢のひとつに入れても良いのではないでしょうか。

 

三井住友銀行カードローンのスペック

金利 年4.0%~14.5%
限度額 最大で800万円
審査時間 最短30分審査
即日融資 最短カード即日発行可能
収入証明 最高300万円まで不要

となっています。

 

カードローンの利用経験者や、カードローン比較を行った事のある方なら、このスペック表を見ただけで、三井住友銀行カードローンがいかにハイスペックの商品なのかが理解できると思います。

 

低金利でスピード融資が可能なカードローン

通常、カードローンやキャッシングというのは、銀行系と消費者金融系にわける事ができます。それぞれの特徴として、銀行系カードローンは低金利高限度額だけれど審査や融資までに時間がかかり、審査に通るのは難しいと言われています。

 

一方消費者金融系キャッシングは、審査時間が短く、最短で30分、即日融資にも対応可能で、銀行と比べて審査が緩くて借り易いが、金利が高いとされています。

 

三井住友銀行カードローンを他社と比較する

 

しかし三井住友銀行カードローンの商品スペックで解る事は、

 

  1. 金利が年率4.0%~14.5%という金利は下限金利上限金利共に、銀行系相応の水準であり、一般消費者金融系の金利より、一回り以上低い数字となっています。
  2.  

  3. 限度額に関しても最大で800万円と高く、一般消費者金融系の限度額より高い数値となっています。
  4.  

  5. 審査時間は最短30分、これは消費者金融系に並ぶ、最速の審査時間であり、通常3営業日から1週間程度時間を要する他の銀行と比べてもずっと短い事になります。
  6.  

  7. ネット申込やローン契約機から申込を済ませ、契約成立後は、ローン契約機からカードの即日発行が可能なので「即日融資」にも対応しています。このようなサービスを行っている銀行は三井住友銀行のカードローン以外2行ありますが、金利や限度額を消費者金融並みとなっています。
  8.  

  9. 三井住友銀行カードローンは、総量規制の対象にないので、年収によって借入限度額が決まるという事はありません。

 

つまり三井住友銀行カードローンを要約すると、銀行系のメリットと消費者金融系のメリットを兼ね備えた、銀行カードローンと言えます。

 

申込前の準備

カードローンの審査を申込む前に、審査をスムーズに終えるために用意しておく書類があります。必ず必要になるのは「本人確認書類」で、運転免許証や健康保険証、パスポート住民基本台帳、住民票のどれか一つの写しを提出する必要があります。

 

さらに、規定以上のお金を借入れる人は、さらに自身の収入を証明するために「収入証明書」を提出せねばなりません。基本的に三井住友銀行カードローンの場合は借入希望額300万円までは不要ですが、都合によっては提出を求められます。収入証明書類とは、所得証明書や源泉帳票、直近2カ月以内の給与明細書の写しを用意しておく必要があります。

 

申込はネット申込や電話、ローン契約機、郵送、店舗窓口からの申込方法が利用できるので、自分の環境に合わせた申込方法が選べます。

 

三井住友銀行カードローンの審査は厳しい?

三井住友銀行カードローンの商品スペックが非常に優れていることは伝わったかと思いますが気になるのは審査に通るかどうかです。

 

審査というのは基本的にスペックの高い商品(金利が低い)ほど厳しくなると言われているので、三井住友銀行のカードローンは審査に通るのは難しいかも、と思う方もいる事でしょうが、審査の難易度ついて言われているのが、意外な事に、銀行系カードローンの中でも、条件さえクリアしていれば至って低めと言われています。

 

何故なら三井住友銀行は、他社銀行ほど大々的なメディア露出を行っていない為、申込数自体がそれほど多くないからだそうです。

 

銀行はかなり慎重にお金を貸せる人間を選びますし、他の業務に支障が出ないよう極力リスクを避ける傾向にあります。その為、返済能力の高い低リスクの人間を選りすぐってカードローンの利用を許可します。

 

しかし、三井住友銀行は広告数を制限し、申込者数をある程度までコントロールしているので、申込者数が一定に保持されているので他の銀行では審査に落ちるような方でも審査に受かりやすいというわけです。

 

同じグループ内の保証会社が審査

また三井住友銀行のカードローンは、利用希望者数以外にもう一つ審査が早い理由があります。銀行カードローンの申込条件に「保証会社の保証が受けられる方」となっています。

 

保障会社は、三井住友銀行の完全子会社であるSMBCコンシューマーファイナンス、通称プロミスが保証会社になります。つまり審査の大部分をプロミスに委託するという事で、これによって三井住友銀行は銀行系らしからぬ最短30分という審査速度を手にしました。

 

しかしこれは裏を返せば三井住友銀行のカードローンは消費者金融(プロミス)と同等の審査を行っているという事で、他の銀行系カードローンに比べ、審査通過率が高くなったと言えるでしょう。